リンク2

弁護士、司法書士に借金相談

最近では誰でも簡単にキャッシングなどでお金を借りることができます。
そのこと自体は特に否定をするつもりはありませんが、いつでも現金を借りれる便利さの一方で過払いの問題について知っておいてもらいたいと思います。

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、過払いとは貸金業者に必要以上のお金を支払ってしまうことをいいます。

消費者金融などの貸金業者にお金を借りた場合、借りたお金には利息が掛かるわけですが、この利息を計算する時に使う金利は貸金業者が勝手に決めていいものではなく、利息制限法と言う法律によって上限が決められています。

利息制限法によって決められた金利の上限よりも高い金利でのお金の貸し出しは禁じられているのです。

しかし、利息制限法に反して高い金利でお金を貸し出している貸金業者は現在でも存在しています。お金を借りた以上、利息を付けて返済するのは当然のことですが、法律によって決められている以上の利息を支払う必要はありません。

もしも、利息制限法によって決められた上限を超えた利息を支払っているのであれば、一度弁護士や司法書士に相談してみましょう。過払い請求をすることで借金が減り、場合によっては逆にお金が戻ってくるかもしれません。

おすすめ

おすすめ情報をご紹介。